身体を芯から温める!岩盤浴の3つの効果とは

サウナが苦手でも汗をかける

岩盤浴は温めた岩の上に寝転がって行うものですが、室温は40度前後になっています。サウナのように湿度が高すぎず温度も高くないので息苦しく感じる事はないのが特長です。サウナが苦手だという人でも岩の上に寝転がっていることは気持ちが良いので、身体の表面だけではなく芯まで温めてくれるので、発汗が促されます。汗は毛穴に詰まった汚れなども取り除いてくれる効果が期待できるので、つるつるの肌を手に入れることが駅ます。

新陳代謝アップでダイエット効果も

身体が芯まで温まると血行が改善されて行きます。血液は酸素を運ぶだけではなく身体の不要な老廃物などを排出するために重要な働きをしているので、血行が良くなると老廃物の排出がスムーズになり、いらないものがなくなるので細胞が本来の力で働くことができるようになります。これが新陳代謝の向上です。エネルギーの消費量もアップしますので脂肪も燃えやすくなり、運動を行わなくても脂肪が燃えて行きますのでダイエット効果も期待できます。

冷え性やむくみも改善される

女性に多い冷え性やむくみももともとの原因は、血行が悪く、身体の末端に温かい血液が行き届かなかったり水分が排出できないことです。普通のお風呂よりも遠赤外線を発生させることができる岩盤浴で身体を温めると、身体の芯まで温まるので温かさが継続しやすくなります。血行が良くなると身体の末端にまで温かい血液が行き届くようになったり、老廃物と一緒に水分も汗として出て行くようになりますのでさまざまな悩みを解消してくれるのです。

岩盤浴を浦和で通う方法は、美意識の高い若い女性から注目が集まっており、健康維持につながる店舗の選び方をマスターすることが大事です。